近年、注目を集めている売掛債権譲渡による資金調達方法、「ファクタリング」をご存知でしょうか。こちらでは、売掛債権譲渡による現金化(ファクタリング)の起源や歴史をご紹介します。また、売掛債権の取引方式や銀行融資との違いについてもお伝えしますので、ファクタリングに関心をお持ちの方は、ぜひご一読ください。

ファクタリングはいつからある?起源や歴史

ファクタリングについて考えるビジネスマン

売掛債権譲渡(ファクタリング)による資金調達がにわかに注目され始めていますが、そもそもファクタリングはいつ、どこで生まれ、どんな歴史を辿ってきたのでしょうか。

ファクタリングの起源については諸説ありますが、14~16世紀頃にイギリスで生まれ、その後18~19世紀にかけてアメリカで発展を遂げたと言われています。

そのため、現在でもアメリカやヨーロッパにおいて、ファクタリングは大変便利な金融手法として中小企業を中心に利用されており、日本の5~10倍の市場規模を持っています。

日本には1970年代に入ってきたファクタリングですが、当時はなかなか普及しませんでした。というのも、そのころの日本では手形取引が一般的だったからです。

しかし、バブル崩壊後に手形取引が減少したことから風向きが変わり始めました。日本におけるファクタリングの普及にとって大きな転機となったのが、2005年に制定された「債権譲渡の対抗要件に関する民法の特例等に関する法律の一部を改正する法律」です。

この法律によって債権譲渡を巡る環境が整えられたことが、売掛債権を利用したファクタリングが普及する大きなきっかけとなりました。

更に中小企業庁(経済産業省)を中心に国を挙げて、売掛債権の利用促進を進めたことから、ファクタリングの普及に向けた動きは加速していきます。実際にファクタリングを利用する事業者は増加していますし、それに伴ってファクタリング業者も増えてきています。

中小企業にとっても、銀行などの金融機関からの融資よりもファクタリングのほうが資金調達しやすいという側面があるため、今後ファクタリングを利用する事業者は増加していくと思われます。

REARTHでは、東京、埼玉でファクタリング(売掛債権買取サービス)を提供しています。最短1日で現金調達が可能になっていますので、事業の資金繰りにお困りでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

ファクタリングの2つの取引方式

二つの取引方式を説明する女性

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの代表的な取引方式があります。

2社間ファクタリングとは、売掛債権を譲渡により現金化する事業者と、ファクタリング業者の2社による契約に基づいて行われるファクタリングです。

3社間ファクタリングとの大きな違いは、売掛先がファクタリング契約に加わらないという点です。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング業者は売掛先に通知せずに売掛先の信用調査を行い、特に問題がなければ、売掛債権を譲渡した事業者に現金が支払われます。

一方、3社間ファクタリングでは、ファクタリング業者から売掛先に売掛金買取契約を結んだことを通知すると共に承諾を得なければなりません。

承諾を得ることができれば、3社間ファクタリング契約が成立します。その後、売掛先からファクタリング業者へ売掛金が支払われることになります。

ただし、3社間ファクタリングは手数料が安いものの、2社間ファクタリングよりリスクがあります。それはファクタリング業者から売掛先へ通知されることにより、売掛債権を現金化する事業者の資金繰りが悪化しているのではないかと疑われてしまうリスクです。

一方、2社間ファクタリングにおいては売掛先に通知されることがなく、多くの事業者が2社間ファクタリングを利用する傾向にあります。

REARTHでは、東京、埼玉でファクタリング(売掛債権買取サービス)を提供しています。ファクタリングが初めての方も、丁寧にサポートいたしますので、ぜひご利用ください。

銀行融資との違いは?

銀行融資と売掛債権譲渡による現金化(ファクタリング)の大きな違いは、審査の厳しさと資金調達までの日数です。中小企業にとって銀行から融資を受けるには大変厳しい環境にあるため、新たな融資を受けるには厳しい審査を受ける必要があります。

更に過去に銀行融資への返済が遅延したことがある場合には、融資が困難になる可能性も否めません。一方、ファクタリングの場合、審査されるのは売掛先であり、問題がなければ数日で資金調達することが可能なことから、銀行融資に比べるとハードルが一気に下がります。

そのため、ファクタリングは銀行融資の審査中のつなぎ資金として利用できる、中小企業にとっては大変便利な金融手法なのです。

売掛債権譲渡による現金化(ファクタリング)ならREARTH

東京や埼玉で売掛債権譲渡による現金化(ファクタリング)をお考えでしたら、REARTHにご相談ください。

REARTHでは、東京、埼玉でファクタリングにより安心して資金調達するためのサポートを行っております。手間をかけずに、スピーディーに現金化を希望する方、資金調達に困っている方で、ファクタリング取引を利用したいと考える方からのお問い合わせをお待ちしています。

売掛債権の買取による資金調達・資金繰りにお悩みの方はREARTHへ

会社名 株式会社REARTH(リアース)
住所 〒333-0845 埼玉県川口市上青木西4丁目24−5
フリーダイヤル 0120-227-272
TEL 048-257-1980
FAX 050-3737-0051
受付時間 10時~18時(土日祝日を除く)
URL https://rearth1980.com/
代表者 清水 誠
社員数 12人
事業内容 ファクタリング事業、コンサルティング業
メインバンク 三菱UFJ銀行、みずほ銀行