売掛債権を利用した資金調達・資金繰りをご存知でしょうか。東京・埼玉で売掛債権の買取(ファクタリング)により現金調達サービスを提供するREARTHが、売掛債権とは何かをご紹介します。

また、中小企業庁(経済産業省)による売掛債権の利用促進についてもご紹介します。何となく利用に不安を感じている方も、ご一読いただければ安心して活用できるはずです。

そもそも売掛債権とは?

はてなマークとビジネスマン

事業者(会社や個人事業主)が営業活動をしていく上で、「売掛債権」や「売掛金」の意味を正確に理解して、使いこなすことはとても重要です。

売掛債権とは、企業が日頃の営業活動を通じて販売した商品やサービスの代金を受け取っていない場合に、商品やサービスの代金を請求できる権利を言います。

なぜ企業が商品やサービスを販売したにもかかわらず、その代金を受け取っていないかというと、信用取引によって商品やサービスが取引されているからです。信用取引とは、企業間の取引において、後払いにより取引することを言います。

というのは、毎回商品やサービスを販売するたびに現金払いをしていると、かなりの手間やコストがかかってしまうからです。

売掛債権には「売掛金」と「受取手形」の2種類があり、両方とも販売した商品・サービスの未払い金を受け取る権利という意味では、売掛債権に含まれます。

一般的に売掛債権は1~2ヵ月後に支払われることが多いですが、放っておくと入金の遅延や入金漏れなどが発生するおそれがあります。それに気づかず、さらに放置しておくと時効が成立して売掛債権は消滅してしまいますので、支払日までに代金が支払われているかをチェックする必要があります。

売掛債権の時効は民法等で定められており、商品の売買代金債権の時効は2年、その他の債権の時効は概ね1~3年となっています。また、事業者の資金繰りが悪化した時に、売掛債権を担保に融資を受けたり、売掛債権を譲渡したりすることによって資金調達することが可能です。

前者を「売掛金担保融資」、後者を「売掛債権譲渡(ファクタリング)」と言いますが、後者のファクタリングのほうが資金調達しやすくなっています。というのも、売掛金さえあれば、REARTHのようなファクタリング業者が売掛金を買い取ってくれるからです。

ファクタリングについては、こちらもご参考いただければ幸いです。REARTHでは、東京、埼玉でファクタリング(売掛債権買取サービス)を提供しています。最短1日で現金調達が可能になっていますので、お気軽にお問い合わせください。

中小企業庁(経済産業省)でも売掛債権の利用を促しています!

手のひらと黒板に書かれた豆電球

ファクタリングを活用した資金調達・資金繰りなど売掛債権の利用促進については、中小企業庁(経済産業省)を中心に国でも積極的に進めています。そのため、徐々にですがファクタリングを利用する事業者が増えてきています。

中小企業庁(経済産業省)が中心になって進めているのは、資金繰りが厳しい多くの中小企業にとって、売掛債権を利用したファクタリングが大いに役に立つだろうという見立てがあるからでしょう。

多くの中小企業にとって主な資金調達先は、銀行などの金融機関であるのが現状ですが、国が売掛債権の利用を促進したため、ファクタリングによる資金調達を利用する事業者も増えています。

金融機関からの融資よりもスピーディーに資金調達しやすいこと、そして国からの後押しもあることで、今後ファクタリングを利用する事業者数やファクタリング業者は増えてくると思います。

REARTHでは、東京、埼玉でファクタリング(売掛債券買取サービス)を提供しています。最短で現金調達が可能になっていますので、お気軽にお問い合わせください。

東京・埼玉で資金調達・資金繰りにお困りならREARTH

東京・埼玉で売掛債権の買取(ファクタリング)による資金調達・資金繰りをするなら、REARTHにご相談ください。お電話・ファックス・メールでのお問い合わせが可能です。ファクタリング取引の手順や必要書類、ご不明な点などについて丁寧にご説明させていただきます。

売掛債権を利用した資金調達・資金繰りのご相談はREARTHへ

会社名 株式会社REARTH(リアース)
住所 〒333-0845 埼玉県川口市上青木西4丁目24−5
フリーダイヤル 0120-227-272
TEL 048-257-1980
FAX 050-3737-0051
受付時間 10時~18時(土日祝日を除く)
URL https://rearth1980.com/
代表者 清水 誠
社員数 12人
事業内容 ファクタリング事業、コンサルティング業
メインバンク 三菱UFJ銀行、みずほ銀行